DoctorUP

Home > サービス事業 > DoctorUP

現役医師の節税・税金対策のための不動産投資【DoctorUP】


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

節税をお考えの医師の皆様、不動産投資のDoctorUPへ是非一度ご相談下さい。日々社会に貢献している医師の皆様が経済的にも恵まれますように、それがプルアップの願いです。

「あの駅近に出来たマンション、もう完売したらしいよ」こういう情報を素早く仕入れてくる類の人間はどこにもいるものだ。私と同じ階に住むSさんがそうで、このマンションの古株であり、発言力もあった。かといってクレーマーというわけではなく、管理会社からも頼られて仲裁に入ったりすることもあったのだ。「でもチラシが入ったのって、先月じゃなかった?」「ああいうマンションって、随分前から募集かけたりするらしいからね。先月にはほとんど売れちゃってたんじゃないの」そういうものなのか。 「それがねぇ、お医者様が結構買ったらしい」「そうなの?自分で住むために?」我ながら、世間知らずな質問だったと思う。Sさんが驚いたように私を見つめ、首を横に振った。「中にはそういう医師もいるでしょうけどね、貸すのよ、家賃収入になるでしょう?」「でも借り手が見つからなかったら、空き部屋のまま維持していくんでしょう?損するんじゃないの?」またまたSさんの瞳が瞬いた。「損でもいいのよ。不動産で出した損は所得税と通算出来るから、納める税金が少なくなるだけだもの。節税するには、もってこいなのよ」 「お医者様なら、銀行だって安心して貸すでしょう?有るところには集まっていく、それがマネーなのよね」そうか、駅近なら空室のリスクは小さいだろうし、将来売ってしまってもいいのだ。「まあお医者様だけではなく弁護士とか高給取りと言われる職業なら、出来る範囲で節税しようとはするよね、我々だってそうするんだから」少しは勉強しなさい、Sさんはそう言って戻って行った。私は夫の扶養に入っているから、節約はしようと思っても節税の方は意識に入っていなかった。夫の仕事は医者でもない普通のサラリーマンだけれど、知らないでいて愚かなことをやっているかもしれない。本当に少し勉強してみようか、そう痛感した朝だった。

注目キーワード

大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......
精神病院
精神科病院の旧名称。2006年、精神病院の用語の整理等のための関係法律の一部を改正する法律(精神病院の用語整理法)の制定で変更になった。 →精神科病院