リフォームお助けマン

Home > 住居・家屋 > リフォームお助けマン

京都市・向日市のリフォームお助けマン|蒲原工務店


リフォームの関連情報

リフォームとは、居住の改築や改装のことで、特に内外装の改装を差す和製英語。 英語の reform は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」の意であり、日本語の「住宅リフォーム」に相当する語は renovation、refurbish である。また、建築業者の中には「リフォーム」ではなく、「家を作り直す」との意を込めて「リホーム」 (rehome) としているところもある(これも和製英語)。
※テキストはWikipedia より引用しています。

お客様のご要望に全力投球!!京都市・向日市のリフォームなら蒲原工務店におまかせください。よくあるご相談、施工事例、業者の選び方、費用の目安などを掲載しています。

30代や40代になってくると親の介護問題って、他人事ではなくなってきます。 自分も子供を産んで、今は親が元気に孫のことを可愛がってくれていますが。 やはり親のことを「老けたな~」と思う機会が多くなってくるのです。 いつかは自分が面倒を見ないと、きっと生活していくのも大変な時が来るのかなって思いました。 それこそ親の介護が必要になったら、マイホームをリフォームして快適に過ごせるように工夫する必要も出てきます。 介護レベルによって、助成金も出るようですから、しっかり勉強して備えておかないと、後になってから、介護のためのリフォーム費用で困ってしまうことになります。 リフォームをしなくても、当然介護はできますが、リフォームをしたほうが、介護をされる側もリフォームをする側も少しでも楽になると言いますね。 介護をされる側でも、子供にお世話を丸投げして「子供なんだから親の面倒を看るのは当たり前!」と何も思わない人もいますが、中には「申し訳ない。 少しでも自分で出来ることはしたい」と望む人もいます。 そういう人にとって、バリアフリーのリフォームが施されていると、自分で何かをしようと思った時に、少しでも自由に自分で動けることができるので、多少のストレスの軽減にもつながると言います。 一度や二度お願いするくらいであれば問題ないかもしれませんが、やはり血のつながらないお嫁さんに介護される場合、やはり義母や義父からすれば、「毎回は頼みにくい」と考える人も出てきますよね。 少しでも介護される人にとって、『自分で出来る自由』を与えることで、介護はぐんと楽に可能性があります! 両者が快適に共存していくためには、多少のリフォームをしたほうが、やはり長続きしやすい関係になるのではないかと、最近は思うようになりました。 介護はいつまで続くかわかりませんので、長丁場に備えたほうが、やっぱりいざという時にすごく自分も楽になると思います。 介護ストレスで毎日イライラしている方が、精神的にしんどいと思いますからね。

注目キーワード

山商リフォームサービス
よってがっしょリフォーム
*[]よっ[]てがっ[]しょ[]リフ[]ォー[]ムで[]は[] *どんなリ[]フォ[]ーム[]もご相[]談に応じます。 見積、設計、現場施工まで一貫してスピーディに対応させていただきます。 リフ[]ォ[]ームには大きく分けて増築、...
『関連情報:京都市 リフォーム