株式会社シグマテック

Home > サービス事業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


リサイクルの関連情報

リサイクル(英: recycle)とは、「再循環」を表す概念で、具体的には、廃棄物等を再資源化し、新たな製品の原料として利用することである。資源再生、再資源化、再生利用、再生資源化等とも呼ばれる。同一種の製品に再循環できないタイプの再生利用についても広くリサイクルに位置付けられる。 リデュース(reduce、減量)、リユース(reuse、再使用)と共に3Rと呼ばれる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

調液は手作業ですとどうしてもばらつきが出てきてしまいます。そのため、調液の工程を正確化させるためにも自動化が求められます。自動化によって今までの工程を正確かつ均一に行うことができるというわけなのです。 薬剤師という仕事柄、医薬品の製造工程にはすごく興味がありました。若い頃は仕事を覚えることでいっぱいいっぱいだったのですが、いざ仕事が落ち着いてみるとすごく興味を感じるようになったんです。私の周りの薬剤師は漢方の原材料なんかに興味を持つ方が多いのですが、普段自分が扱っている医薬品がどのように製造されているのかを知るのは非常に大切なことだと思います。 医薬品といいますと、とにかく開発に時間がかかります。何十年もかけてようやく認可されるケースもあります。しかし、実際に製造する際にも時間がかかるのです。調液は単純な物ではなく、緻密な技術が要求されます。そのため、使用する機械の製造も非常にレベルが高いそうです。 日本の場合、普通の町工場で作っているような機械も世界品質で考えると非常に高品質な物なのだそうです。医薬品を作る機械はそんな日本の中でもさらにトップクラスの技術を結集して作られているのですから、どれだけの知恵と技術が詰まっているかよくわかりますよね。 例えば、単純なことかもしれませんがデータの記録と格納の正確さは非常に重要です。どんな機械もただ稼働させるだけではなく、稼働中のデータが必要となります。ではどんなデータを記録するのかといいますと、それもまた技術によって大きく異なります。優れた機械というのは記録の面でも優れていますので、非常に細かく大きなデータを記録出来るんですよ。 医薬品というのはすごく身近な存在にあると思います。薬剤師の私はもちろん当然ですが、少しドラッグストアに足を伸ばせば当たり前のように誰でも購入することができます。しかし、それを製造している現場では非常に高い技術力が求められているわけなのですね。

注目キーワード

家電リサイクル法
エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機等をリサイクルする為、捨てる時に費用がかかる法制度。 正式には、特定家庭用機器再商品化法。 小売業者、製造業者等による家電製品等の廃棄物の収集、再商品化等に関し、これ...
リサイクルショップ
古物商の一種。中古品や未使用品などを売買する業態の店舗のことを指す。主に家電や衣類などを取り扱っている。 日本では開業する場合、古物営業法によって店舗がある都道府県公安委員会(窓口は警察署)の許可が必......
『関連情報:調液