株式会社シグマテック

Home > サービス事業 > 株式会社シグマテック

株式会社シグマテック|埼玉の調液・培養装置メーカー


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

調液・培養装置メーカー、シグマテックのホームページ。埼玉県にて、医薬品や化粧品をはじめ各種プラントエンジニアリング、医薬品や化粧品の製造装置医薬品や化粧品製造に関わる各種バリデーションの作成業務を行っております。

皆さんは細胞培養と聞くとどんなイメージを浮かべますか?なんだかちょっとマッドサイエンティストなイメージがあるよと私はよく言われます。しかし、実際には皆さんの身近なところに細胞培養の技術は生かされているんですよ。 細胞培養は専門の培養装置を用いて行います。最近では小型ながら使いやすさと安定性を共存させた装置が多く登場していますね。これは各メーカーの技術の結晶だと思っています。使わせてもらう立場としては非常にありがたいですね。 さて、培養するものですが私の場合は基本的に植物細胞培養装置を使っています。他にも動物細胞を扱うこともあります。機械だけではなく、周辺の小さな物も高い技術で作られています。 例えばフラスコです。学校の理科室で見かけたこともあるのではないでしょうか。学校の授業でも実験で使われています。私達も仕事で三角フラスコを使いますが、酸素の溶解効率をアップさせているんですよ。従来の物とは違い、これらも長年のデータを蓄積させて、そこから日々進化しています。 細胞培養は何か新しい技術のために進化させるようなイメージを持ってくださると嬉しいのですが、それに伴い使われる装置というのも年々進化してきています。流石に古くお金の回ってこない研究所とかになるとどうかはわかりませんが、一般的には優れた装置をお金をかけて取り揃えています。うちで使っている物もこまめに入れ替えをして、常に最高の状態で細胞培養が出来るようになっているんですよ。 ちなみに、こういった機械は決められたパターンもありますが特注も多いです。普段あまり培養されない細胞の場合、新しく特注で培養装置を作ってもらうというケースも多いのですよ。 日本ではさまざまな技術がありますよね。その全てが非常に高いレベルにあると思っています。そして、何かの技術を支えているのはまた違う技術なのです。これは、人間同士の仕組みにもちょっと似ていますね。必ずどこかで支え合っているものなんです。

注目キーワード

国立病院機構
独立行政法人化に伴い設立。 +北海道がんセンター +札幌南病院 +西札幌病院 +函館病院 +道北病院 +帯広病院 +八雲病院 +弘前病院 +八戸病院 +青森病院 +盛岡病院 +花巻病院 +岩手病院 +釜石病院 +仙台医療センタ...
救急病院
1964年の「救急病院等を定める省令」に基づき、都道府県知事が告示する病院である。 その要件は、 救急医療について相当の知識及び経験を有する医師が常時診療に従事していること。 エツクス線装置、心電計、輸血...
『関連情報:培養装置メーカー