アーク・ア・オア・コーポレーション

Home > 住居・家屋 > アーク・ア・オア・コーポレーション

府中の賃貸・不動産はアーク・ア・オア・コーポレーション


賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

府中の賃貸・不動産はアーク・ア・オア・コーポレーション。賃貸マンション・アパート・分譲マンションなどの情報を多数ご用意しております。初めてのお部屋探しもぜひ当社へお任せ下さいませ。

叔父の家は、木々が立ち並ぶ林の入り口にあった。林は徐々に森に飲み込まれていき、家の周辺は叔父が耕していた畑や実のなる樹木が姿を晒していた。子供の頃には何度か遊びに来たことがある。あの頃この家には雑種犬が飼われていて、よく一緒に散歩に行ったものだった。ちょっと歩くと住宅地になり町中にもほど近いのに、ここは静かだったし別荘地のような雰囲気に満ちていた。 叔父の家にある薪ストーブは、その上で料理も出来るようになっていた。料理と言っても手の込んだものではなく、大鍋に肉や野菜を豪快に放り込んでゆっくりと煮込んだもの。冬は暖かい部屋の中で、シチューの美味しそうな匂いに心躍らされたものだ。家そのものはそう広くはない。2階にロフトと寝室、1階に寝室とLDKその他の小ぶりな造りだった。 「あの家に住む気はないかい?」、叔父からそう聞かれたのは何年前だったか。身体を壊した叔父は入院し、肺炎を併発して退院することなく逝ってしまった。私は実家に身を置いていたが、叔父の家は私に残されたのだ。「君に使って欲しいけど、好きに処分してくれて構わない」、それが叔父の遺言だった。 だからこの家を訪ねるのは、叔父が逝ってしまってから初めてとなる。懐かしい匂いが染みついた、久しぶりの叔父の家。キッチンの床に置かれた野菜ボックスには、ジャガイモやタマネギが山盛りに盛られたままだ。自分が使わない場合、ここは売るか貸すかすることになる。田舎暮らしを楽しみたい人はいるし、知人の不動産業者が打診もしてきていた。 久しぶりの叔父の家のソファーに身をうずめ、考えあぐねる。ここを売ることは考えられない、今はまだ。では貸すか?場所も悪くはないし、車も数台止められる。窓を開け、空気を通す。無花果の木に実がこれでもかとついていた。「庭の樹木は切り倒さないこと」、ストーブの隣には薪がキレイに揃えられていた。「煙突の掃除は、最低年1回は必要」、ここまで考えて苦笑する。「貸すか?」じゃないな、自分が「貸せるのか?」だな。

注目キーワード

アパート賃貸借契約書
賃貸借契約
*民法601条による定義 「当事者の一方(貸主)が相手方(賃借人)に、ある物の使用収益をさせることを約し、賃借人がこれに賃料を支払うことを約することによって、その効力を生ずる」有償契約のこと。 *関連キー...
『関連情報:府中 不動産