fleston

Home > 仕事 > fleston

商品撮影・EC撮影・物撮り 株式会社fleston (フレストン)


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

商品撮影なら株式会社flestonにお任せ下さい。EC撮影の経験が豊富なプロカメラマンによる各種撮影にご対応が可能致します。商品撮影 ではアパレル撮影やアクセサリー・雑貨など幅広く 低価格で ご対応が可能でございます。EC事業者様 個人様 商品撮影のご相談はフレストンまで!

最近、町内の掲示板で「フリーマーケット開催」の広告が貼られています。 そのフリーマーケットのために、服や小物、雑貨などを集めているんだって。 ちなみに主催者は、近所の奥様グループ。 売上は地域の子どもたちのために開催するイベントに使われるらしいよ。 これはとても良いことに使われるよね。 それに、例えば自分が着なくなった服でも誰かが気に入ってくれたら、また着てもらう事が出来る。 せっかく作られた服がこれからも長く着てもらうことができる機会ができるって本当に素晴らしいことだと思うのよね。 そのようなことを色々と考えていたら、タンスの中で眠っている服が何着もあることを思い出したのよ。 慌てて見てみたら出てくるわ、出てくるわ… どうしてこんなにたくさん服を買ったんだろうと思うくらいにびっくりよ! あと、一体私はどれだけ整理整頓していなかったんだろうと反省しました。 これだから家の中がぐちゃぐちゃになってしまうのよね。 話が全然違う方向に言ってしまったけど、フリーマーケットに出す服は決まったわ! あとは、主催側にメールを送らなければならないんだけど、どんなものを出すかという写真を添付してメールしなければならないの。 ということは私、人生初の商品撮影をすることになるんだ。 しかも服が被写体の商品撮影! これがプロなら色々な道具を準備して光の加減や背景を考えたりするかもしれないけど、私の家の中ではそんなことできないし、ましてや私は素人。 しかもカメラはスマホのカメラよ。 うまく撮影できるかな… 何枚か写真を撮ってみたけど、納得できるものがない。 こうなったら友達に電話して友達の家にお邪魔させていただこうかな。 友達の家はとてもおしゃれなのよ。 リフォームしたばかりだし、商品撮影にはぴったりだわ。 フリーマーケットの主催者側にメールする前に友達にメール! どうか友達と予定が合いますように。 そして友達が商品撮影に協力してくれますように。

注目キーワード

生写真
ブロマイドやグラビアなどの写真に対して、撮影した後は現像及び焼き増し以外手を加えない写真の事。
写真
光学的方法で感光材料面に写しとった物体の映像。一般には物体からの光を写真レンズで集めてフィルム・乾板などに結像させ、これを現像液で処理して陰画とし、印画紙などに焼き付けて陽画を作る。 日本では1857年に...
『関連情報:商品撮影