DRERICH

Home > サービス事業 > DRERICH

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪など全国6店舗運営のdrerich


洋服の関連情報

洋服(ようふく)とは、西洋服の略で、西洋風の衣服のこと。英語の western clothes におおむね該当する。ヨーロッパの服飾に起源を持つが、列強各国の各地進出に伴なって、アメリカ大陸やオセアニア等の植民地をはじめ、世界各地で広く用いられ、19世紀末以降の近代化とともに、中国や日本等でも使用されるようになった。この過程で、日本語や中国語、朝鮮語において、伝統的な衣服(日本の場合和服・着物)に対する概念として、これらの西洋起源の衣服が「洋服」と呼ばれるようになった。それ以前には、オランダ(阿蘭陀)から来きた服という意味で蘭服(らんふく)、南蛮服(なんばんふく)、紅毛服(こうもうふく)と呼ばれていた。洋服は各地の伝統的な服飾の要素も取り入れながら発展し、民族服の形成・変化にも影響を与えた。現在では、背広やドレス、シャツとズボンやスカートの組み合わせ等の他、アメリカ合衆国を中心に発展した簡素なTシャツ、ジーンズ等が世界中で使用されている。今日の日本では、洋服が一般的になったため、単に「服」といえば洋服を、「着物(きもの)」といえば和服を指すことが多い。何百年も前から人々は自分を表す為に洋服又被服を纏ってきた。 縫製技術から見ると、和服が直線に裁った生地を縫い合わせるのが基本であるのに対し、洋服は身体の形状に合わせて曲線的に裁った生地を縫い合わせるのが基本である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

レンタルドレスなら東京・横浜・大阪・福岡・大宮・名古屋全国6店舗のDRERICH!2泊3日ドレス・靴・バッグ小物フルレンタル16500円。NHKやTVで取材されたスタイリストがコーディネートしてくれるレンタルドレス。ゲストドレス・ウェディング&タキシード・謝恩会・ブライズメイド・子供ドレスなど、多くのシーンに合わせコーディネート。全国配送OK!ネットでレンタルも承ります。

もし東京都内でドレスレンタルを検討しているのであれば、どこの業者に注目をするべきなのかを落ち着いて考えることが大切だといえます。なかなか見つけることができないこともあるかもしれませんが、焦らずにじっくりと見極めて、上手に情報収集に励むようにしておきたいところです。例えば、東京都内で実際にドレスレンタルをしたことがあると言う人が身の回りにいるなら、その人たちから体験談を聞かせてもらうと良いでしょう。経験者の話が1番の参考材料になるので、必ずチェックさせてもらうようにしたいところです。もし身の回りでドレスレンタルをしたことがあると言う人がいないのであれば、だからといってあきらめず、インターネット上の口コミが確認できる情報サイトや、人気ランキングサイトなどで選ばれている業者を厳選することが重要となります。そういったところで名前が頻繁に見かけられるような業者なら、かなり安心して任せることができるはずです。とりあえず、ある程度ドレスレンタルができる東京の業者を厳選することができたら、ホームページをチェックしてみると良いでしょう。ホームページでは、どのような種類のドレスをレンタルさせてくれるのか、それがわかるようになっているはずです。種類だけではなく、借りるにあたってどれくらいの料金が必要になるのか、そこも見極めることができます。しっかりとサービス内容も把握するようにしておきましょう。料金がどれくらいになるのかだけではなく、ネット上で契約ができるかどうか、そして返却するときはどのような形を取るべきなのか、確認することが大切です。場合によっては、返送するときの送料なども負担してくれる、良心的な業者も存在しています。東京都内で契約をするのであれば問題ないかもしれませんが、遠く離れたところに住んでいながら、都内の業者と契約をするなら、その辺に関しても必ず調べるようにしておきましょう。選択肢を増やすために、極力ドレスの種類が豊富な業者を選ぶことが大事です。

注目キーワード

洋服の青山
青山商事株式会社が全国展開する紳士服専門店。 イメージキャラクターは三浦友和と松浦亜弥。 かつてはマイケル・オーウェンや森崎ツインズを起用していた。
洋服記念日
11月12日
『関連情報:レンタルドレス