アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

英語学校 英会話スクール|アテネフランセ 御茶ノ水


英語の関連情報

英語(えいご、English)は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリス・イングランド地方を発祥とする言語である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

英会話スクールとして定評の東京 御茶ノ水の英語学校、アテネフランセ。

英語学校に通っている方々は、サラリーマンが大変多いです。確かにその学校には、色々な方々が通っています。留学する予定があるので、そこで学んでいる学生もいますし、受験勉強の補習目的で通っている学生も多いです。そうかと思えば、子供の内から英語を学んでおくべきなので、その学校に通うケースもあります。状況は多彩ですが、一番多いのはサラリーマンです。特に出張の為に学校に通い始めるサラリーマンが目立ちます。会社勤めをしていますと、たまに転勤が命じられる事があります。取引先との兼ね合いがあって、海外企業とのやり取りがあるので、海外転勤を命じられるケースも少なくありません。問題は、その転勤先で問題なくコミュニケーションを取れるか否かです。転勤先では、ビジネスに関する話もする事になります。時には、会社の予算に関わる重要な商談をする事もあります。ですから転勤先で英語を話せないのは、大変困ります。そうかと言って、独学で英語を学ぶのも大変です。英語教材を選ぶのも大変ですし、独学で学べば英語力を伸ばせるとは限りません。そこで英語学校に通うわけです。幸いにも多くの企業では、学校で学ぶ費用も捻出してくれる傾向があります。学校で学ぶなら、もちろん費用も支払う事になりますが、多くの企業はその費用も負担してくれる訳です。その「海外出張」という理由で、英語学校で学ぶサラリーマンは大変多いです。現に多くのスクールでは、良いレッスンを受ける事ができます。しばらくビジネス英会話で集中的に学んでおけば、かなり英語力が伸びるケースも少なくありません。早朝からその英語の学校に通学して、出勤前に学んでいるサラリーマンも多いです。ちなみにビジネス向けの英語学校は、主に都心部に立地している傾向があります。住宅街というよりは、むしろビジネス街に立地している学校が目立ちます。夜間でも学べる学校も多いので、日々多くのサラリーマンの方々は、そこで英語を学んでいます。

注目キーワード

英語教師
英語の教師。
英語版
言語表現において、英語を用いるバージョン。
『関連情報:英語学校