アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ


フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フランス語をしっかりと学びたいなら、東京都内で有名な語学学校がいくつかあるので、そちらに注目してみると良いでしょう。もちろん、ある程度まとまった時間、そしてお金を作ることが出来るなら、フランスに直接語学留学に出かけた方が、覚えるのは早いです。現地のネイティブスピーカーたちに囲まれて生活すると、国内で学ぶ場合とは、違ったレベルで早くフランス語会話を身に付けることができます。しかし、東京都内でも、ハイレベルな語学スクールを利用すれば、マンツーマンレッスンなどを利用することで、相当早い段階でマスターすることが可能でしょう。ビジネスレベルにまで持っていくのはなかなかの時間がかかるかもしれませんが、少なくとも会話できる程度にまで持っていくのは、そこまで難しくないはずです。とりあえず、実際に東京都内の語学スクールを利用して、フランス語のレベルを上げた人たちの体験談に注目するのがオススメといえます。経験者の話が、最も大きな参考材料になるので、必ず確認させてもらいましょう。もちろん、東京が地元で、身の回りにフランス語能力を身に付けている人がいるなら、その人たちからお勧めの学校を教えてもらうのが得策です。いない場合は、インターネットなどを活用して、情報収集するのが基本的な流れとなります。ネット上の口コミを確認できる情報サイトと、人気が確認できるサイトをうまく活用すると、東京で人気があり、なおかつフランス語を学ぶことができる語学学校を、すぐにチェックできるでしょう。有名な実力のある学校をピックアップできたら、後はそこのホームページの中身をチェックし、どのような特徴を持つ学校なのか、見定めることが大切です。通い続ける上で必要な費用、そしてカリキュラムの中身などを、必ず確認した上で、結論を下すことが重要となります。パンフレットを取り寄せたり、いちど見学に向かったりして、時間をかけて決めるようにしましょう。

注目キーワード

フランス語憲章
(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language) 1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語オンリーとする法律。
ラジオフランス語講座
NHKラジオ第2放送で放送されているフランス語の講座。 放送時間は月曜から土曜の午前7:25〜7:45、再放送が同日の午後1:20〜1:40。 月曜から木曜が入門編で、初級者を対象としつつも、上級者にも役立つ内容と...
『関連情報:フランス語 東京