LOVEOX

Home > サービス事業 > LOVEOX

工作機械の予防保全 | 基板修理、サーボモータ、サーボドライバ修理のプロ集団【ラヴォックス】


建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

プリント基板・工作機械の予防保全・メンテナンスならプロ集団のラヴォックスへ。電子部品の故障を解析することで今後のトラブルを回避できます。故障でお悩みの方は是非お問い合わせください。

機械を動かす上で、電子基板などの工作機械を、定期的に修理、そして交換することが非常に重要なポイントとなります。また、修理や交換だけではなく、予防保全にも努める必要があるでしょう。できるだけ機械のダウンタイムを短くして、全体的な作業効率を図ることにもつながります。ただ工作機械を交換するだけだと、いちど交換した後に寿命伸ばすのは難しいので、少しでも節約したいなら、やはり予防保全に努めるべきです。親切丁寧な業者であれば、修理屋交換をしながらも、寿命を伸ばせるように、定期的なメンテナンスを施してくれます。清掃業務はもちろんのこと、足りなくなってしまった部品等に関しては、定期的に補充してくれたりするので、非常に頼もしい存在だと言えるでしょう。サービスが充実しており、コストパフォーマンスよく動いてくれるような、百戦錬磨の業者を探すことが大事です。こちらが困った時にすぐに駆けつけてくれる、レスポンスの良さも、選ぶときの大きなポイントになります。今まで選んだことがない人は、素人判断で選ぶのではなく、実際に業者に依頼したことがある人の体験談を参考にしながら選んでみると良いでしょう。工作機械を修理、もしくは交換してくれる業者の中でも、予防保全が上手だと言うことで有名な業者は、そういった口コミから確認することが可能です。いくつかの業者をピックアップすることができたら、後は業者のホームページなどに目を向けて、今までの修理地で、そして予防保全の事例などを確認させてもらうことが重要となります。できるだけ短い期間で結果を出してくれる、レスポンスの良い業者を選ぶようにしましょう。実際に、工作機械に精通している業者にお願いし、アフターメンテナンスを施してもらうことで、品質管理の向上ができた会社はとても多いです。工場などの現場を持っている会社にとっては、基本中の基本といっても過言ではないので、担当になってくれる業者を慎重に選ぶことが重要となります。

注目キーワード

ボルボ建設機械
英文表記:[]Volvo Construction Equipment[] スウェーデンに本拠をおく、重工業グループ「[]VOLVO[](ボルボ)」で建設機械の製造を行っている会社。 :[]関連[]:→ VOLVO PENTA
建設機械レンタル
『関連情報:工作機械 予防保全