誠友堂

Home > 仕事 > 誠友堂

事例紹介 | 金は小分け分割で節税&マイナンバー対策【銀座誠友堂】


装身具の関連情報

装身具(そうしんぐ)とは、指輪やネックレス、ペンダント、イヤリングなど、衣類と合わせて身を飾るための工芸品である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

金の売却・贈与・相続などの事例を紹介しております。金を小分けに分割して節税。金は100g単位の小分けにすればマイナンバーと支払い調書を提出する義務がなくなります。

株式投資などで資産運用をしていると、利益が出た時に所得税がかかります。もちろん保有を続ければ利益は確定されないので所得税も掛かりませんが、事情があって売却しないといけないときもあるでしょう。株式に関しては株式譲渡の手続きに従って申告をして計算をしますが、それ以外の投資資産においてもいろいろな計算方法があります。資産運用だからと言ってすべて同じ方法で行われるわけではなく、別の資産であれば別の計算方法が必要になります。金の売買をしたときにどうなるかを知っておくと、株式の売買とは異なることがわかり色々な節税方法が見えてくるでしょう。まずはどんな所得税がかかるかです。金の売買をすると譲渡所得と呼ばれる所得税がかかります。株式は株式のみの譲渡所得ですが、金は色々な物を譲渡した時の計算方法で行います。譲渡所得には短期保有している資産と長期保有している資産の違いがあります。売却益が大きく出ていて所得税がかなり掛かりそうなとき、保有年数を伸ばすようにしてみましょう。5年以内の保有だと短期譲渡所得になり、所得税が掛かりやすくなります。一方5年を超えると長期譲渡所得になるので、短期譲渡所得に比べるとかかりにくくなります。保有し続けることによってさらに利益が増える可能性もあるでしょうが、4年保有ぐらいならもう1年待って長期譲渡にした方がいいでしょう。金の売買において利益が出た時は譲渡所得として所得税を計算しますが、1年につき一定の控除が受けられるようになっています。譲渡所得全体で50万円の控除が受けられるので、利益が50万円以内であれば所得税はかかりません。つまりは売却するときに利益が50万円以下になるようにすれば節税することができます。大きなインゴットを丸ごと売却したりすると利益が大きく出やすくなりますが、少しずつ売却する方法を取れば自分で利益の調整ができるでしょう。50万円ギリギリになるような量を計算して売却すれば税金はかかりません。どうしてもお金が必要な時は、節税のために毎年少しずつ売却するようにしましょう。
『関連情報:金 節税