刃物屋.com

Home > 購入 > 刃物屋.com

包丁のプレゼントは【刃物屋.com】


骨董品の関連情報

骨董品(こっとうひん)とは、希少価値のある古美術や古道具のことである。フランス語ではアンティーク(Antique)と呼ばれる、語源はラテン語アンティクウス(Antiquus、古い)。ここから派生した用法として、古いだけで実際の役には立たない時代遅れのもの、がらくたを指して「骨董品」と呼ぶこともある(後述)。 骨董品として重要なのはあくまで「古いこと」と「希少価値」であり、物品のジャンルは問わず、食器や文具といった日用品、玩具、貴金属や宝石を含む装飾品、衣類、家具など、多岐にわたる。中国では古より、「乱世的金銀 太平時的骨董」と言われ、平和な世の中に於いて価値のあるものとして理解されていた。 文化遺産の保護などを目的として、骨董品の輸出を規制している国もある。そのような国から海外へ骨董品を持ち出す場合は、違法となることがある。 復刻版や骨董に似せて製造された物はレトロと区別される。
※テキストはWikipedia より引用しています。

包丁のプレゼントには是非「刃物屋.com」の商品をご利用ください。高品質な刃物をご提供致します。

お料理好きな人に包丁をプレゼントしたいと思う場合、一体どんな基準で選んだらよいのか迷ってしまうことでしょう。まず、一言で包丁と言っても実に色々な種類があるため、どの種類のものを贈ったらよいかを考えるのはよいことだと思います。一般に相手に贈るのにお勧めだと言われている種類としては、三徳包丁や牛刀と呼ばれる洋包丁があります。これ一本で肉・魚・野菜などの調理全てをこなすことができる万能の商品です。それに対して、プレゼントを贈る相手が料理人である場合は、魚をおろしたり刺身用の切り身を切り出したりするのに最適な和包丁がよいかもしれません。しかし特定の用途向けに作られているため、使い道に困ることのない料理人や、毎日防錆のメンテナンスを行なうことが苦にならない人にプレゼントすることができるでしょう。二つ目の要素として、サイズについても考えてみることができます。一般の家庭で使うものとしてプレゼントする場合、まな板の大きさなども考慮してサイズを選びたいものです。基本的に言って、一般家庭用のまな板はそれほど大きくはありません。そのような場合、料理人用の240ミリ以上の大きさがある牛刀などをプレゼントしたのでは、残念ながら持て余してしまうかもしれません。また一般に女性の手はそれほど大きくないため、180ミリ以下のものを選ぶ方が無難であると思います。さて、プレゼント用の包丁を選ぶ場合、どれくらいの値段のものを選ぶなら失敗がないのでしょうか。贈る側の予算の上限もありますから一概には言えませんが、贈り物であることを考えると1000円、2000円といった安いものではなく、4000円から5000円くらいのものならまず間違いがないと言われています。実際、4000円以上の包丁の中には、品質のよい鋼材が使われているものも多いため、上手に選ぶなら一生使ってもらえるような良いものをプレゼントすることができるでしょう。

注目キーワード

骨董品
アンティーク。 美術的な価値のある古美術や古道具。
『関連情報:包丁 プレゼント