さきさかクリニック

Home > エステサロン > さきさかクリニック

長瀬駅の内科・消化器・糖尿病は東大阪市「さきさかクリニック」


病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

長瀬駅で内科・消化器・糖尿病・循環器・呼吸器など診療を行っている東大阪市「さきさかクリニック」です。地域の医療と健康を支えるために昭和17年に開院致しました。約80年の歴史から得られたノウハウで、的確で持続可能な医療を提供します。

長瀬駅近くにお住まいであれば、既にかかりつけ医があるかとも思います。しかし、引っ越しなどにより、長瀬駅近くに越してきたのなら、未病でもとりあえず話しを聞いてもらえる、そうしたかかりつけ医を探したいものです。一般内科においては、風邪やインフルエンザなどを診るだけでなく、呼吸器系から予防接種などにも関与してくれます。また、専門は内科であっても、医師の経歴が豊富なケースもあります。循環器系だけでなく、脳外科などを経て、内科での活躍とする医師さえいます。ですから、風邪かもしれない、けれどもしかしたら重大な病気が隠れている可能性も無きにしも非ずです。いつから、どんな症状が現れるようになったのか、気になることは医師にしっかり話しておきましょう。また、そうした内容がすんなり話せる関係が築ける信頼関係でも選びたいものです。長瀬駅から近い内科では、訪問医療も可能にしている診療所さえあるようです。小さなお子さんなら、小児科に相談するのがベスト、しかしケガやちょっとした対処法を知りたいのなら、内科でも相談可能です。もちろん緊急性があり、すぐに専門検査が必要であると判断すれば、早々に紹介状や救急車による搬送なども担ってくれます。高齢者も、駅近であっても足腰が不自由ならば往診を利用してみましょう。日々のバイタルチェックなどは看護師が訪問して行ってくれます。もちろん、看護のみならず、介護の知識や経験も活かされています。医師から看護内容をしっかり指導された上での在宅診療ですから、安心できます。ご家族が多忙で留守がち、こうした場合には緊急の連絡先に内科の電話番号を控えておきたいものです。冬の時期にはインフルエンザやノロウイルスが蔓延しがち、小学校や幼稚園などの教育施設や、老人ホームなどでは健康管理や健康セミナーなどを行うかかりつけ医が必ずいます。お子さんがいるなら、高齢者がいるなら、医療情報をこうした施設から得ることも一法でしょう。

注目キーワード

国立病院機構
独立行政法人化に伴い設立。 +北海道がんセンター +札幌南病院 +西札幌病院 +函館病院 +道北病院 +帯広病院 +八雲病院 +弘前病院 +八戸病院 +青森病院 +盛岡病院 +花巻病院 +岩手病院 +釜石病院 +仙台医療センタ...
野戦病院
戦場に置かれる病院。
『関連情報:長瀬駅 内科