家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

Home > 購入 > 家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

データベースエラー


軟水器の関連情報

軟水器(なんすいき)とは、水の中に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの陽イオンを、イオン交換樹脂の働きでナトリウムイオンに置き換える働きを持つ装置、または器具のことである。 同じくイオン交換樹脂を使って水中のイオンを全て取り除こうとする(言い換えれば水中の陽イオンを水素イオンに、陰イオンを水酸化物イオンに置き換える)純水器(じゅんすいき)とは区別される。また最近では、意味が拡大解釈されて単に水道水や硬水から軟水を造り出す装置、または器具の意味で用いられることもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

地域によっては、水道水でなく井戸水を飲んでいる事もあるでしょう。綺麗な井戸水ならば、確かに美味しく飲むことができます。しかし、それも状況次第です。水によっては、気になるものが混ざっている事もありますから、注意が必要です。例えば水が少々黒っぽい事がたまにあります。ある時までは水の状態が正常だったものの、たまに黒っぽくなってしまう事もある訳です。なぜ水が黒くなるかというと、マンガンです。その成分は、水道水の中にはあまり多く含まれていません。しかし井戸から採取される水ですと、ややマンガンの濃度が高くなってしまう事もある訳です。とりわけ地下水などは、その金属成分が多く含まれていると言われています。その水を飲み続けるのは、あまり体に良くありません。そうかと思えば、井戸から採れる水が赤っぽくなっている事もあります。たまに水道水も赤い色になる事もありますが、大抵それは鉄分に原因が潜んでいます。水道管の一部が錆びていると、鉄分が水に含まれてしまう訳です。地下水も例外ではありません。上述のように、地下から採取される水の色は変わってしまうケースはあります。そのままその水を飲み続けるよりは、やはり浄水器を使用する方が良いでしょう。幸いにも浄水器は、水をフィルターしてくれる性能があります。細かいザルの目のようになっていて、金属成分もフィルターしてくれる訳です。ですから水の色が変わってきた時は、まず浄水器を設置するのがおすすめです。ただし水を浄水する機器も、色々なものがあります。それぞれ井戸水をフィルターする性能は異なります。安全性が高い水を飲む為にも、浄水器は慎重に選ぶ方が良いでしょう。どうやって選べば良いかというと、資料請求するのが無難です。幸いにも浄水機能がある機器を販売している業者には、たいてい公式サイトがあります。サイトから資料を取り寄せることも可能ですし、色々な業者から取り寄せしてみて、製品を比較してみると良いでしょう。
『関連情報:井戸水 浄水器