日本コミュニケーショントレーナー協会

Home > 学び > 日本コミュニケーショントレーナー協会

NLPの資格・学び方の情報サイト。NLPがわかるガイドブックを無料で提供。


カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

NLPは、Neuro Linguistic Programing(神経言語プログラミング)の略称です。私たちは、創始者リチャード・バンドラー米国NLP™協会認定の資格取得スクール「日本NLPアカデミー」です。

NLPを勉強する多くの人は、色々な仕事のフィールドで応用できることを意識しています。マネジメントや営業員では相手方とのやりとりによって会社の業績が影響を及ぼすものです。その他部下並びに同僚との関わり合いにあたって最適な対応を務めることも重要だと言えます。NLPを学習することはこういったハードルに応じながら、仕事上での効果的なコミュニケーションをスムーズに行う能力を磨くことを通じてビジネスのキャリアアップを目標にすることができます。 的を射た応対が身についていない状態では仕事での業績も希望しているような成果を出すことができません。 例として、製品の販売交渉で取引先に関心がないことでも強制的に連続して営業を行った結果、その交渉そのものは失敗に終わるケースがあります。原因をつかみ、合理的に販売に取り組むには、相手方の話すことに意識を向けるという方法をとると、会社の業績が伸びることがよくあります。 NLPでは、ビジネスに対する有効な方法を学ぶことが可能です。NLPで会得する交渉スキルは相手方を聞き入れる対応の仕方を自分の物にすることが基本となっています。自分の考えを詰め込むのではなく、相手方の需要に自然に応じられることで対人とのコミュニケーションが簡単になります。 仕事で功績を残したいと夢見ることは良いことです。それを現実にするにはたくさんの努力が要りますが、単純に必死に専念するだけでは充分ではありません。成功は周りの協力があってこそたどり着くことのできるものです。それを現実にするには良い人間関係を積み上げることが求められ、交渉スキルが求められます。 NLPはいろいろな事業で功績を残せる能力の高い人材育成に努力していますので、応用できるレッスンを介して速効に活用することができることが評価されています。我流の手法でキャリアアップに照準を合わせてきた方も多いことでしょう。しかしながら、一向に功績が出ない、まわりから置いて行かれているなどのコンプレックスを持ったり、プレッシャーを受けている人も少なくありません。NLPはこういった人に欠けている部分を理解しやすく教えてくれます。

注目キーワード

カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031
ピア・カウンセリング
障害者が、当事者同士集まり、お互いの苦しさ、辛さを話しあうことにより、辛さを分かち合い、助言しあっていくこと。略称、ピア・カン。 身体障害者から生まれた運動だが、精神障害者や、思春期の悩み対策などにも......
『関連情報:NLP