精密抵抗器 精密ネットワーク抵抗器のフラット電子

Home > 仕事 > 精密抵抗器 精密ネットワーク抵抗器のフラット電子

超精密級の抵抗器・高性能金属皮膜は「株式会社フラット電子」


抵抗器の関連情報

抵抗器(ていこうき、英: resistor)とは、一定の電気抵抗値を得る目的で使用される電子部品であり受動素子である。通常は「抵抗」と呼ばれることが多い。 電気回路用部品として、電流の制限や、電圧の分圧、時定数回路などの用途に用いられる。集積回路など半導体素子の内部にも抵抗素子が形成されているが、この項では独立した回路部品としての抵抗器について述べる。
※テキストはWikipedia より引用しています。

超精密級の抵抗器・高性能金属皮膜は株式会社フラット電子にお任せ下さい。徹底した品質管理と先端技術の結集により世界最高水準の品質を持つ製品の製造・販売を実現。取扱商社多数。製品仕様、環境情報、価格、納期など、お気軽にお問い合わせ下さい。

抵抗器には、可変抵抗値で任意の出力電圧の上限と下限を選べる回路があります。可変抵抗器に3つの端子があるとします。この可変抵抗器の最大値が10Ωの場合、1~3の端子間では一定値の10Ωとなります。その場合、1~2の端子間の流れは時計回りとなり、抵抗値も大きくなります。2~3も同じ時計回りとなりますが、1~2と違い、抵抗値は小さくなります。こういったタイプの機器の使い方は、1と2、2と3だけで可変抵抗として使用するか、1をGND(グラウンド)、2を出力電力(Vo)、3を電源に接続し、電気を分圧させます。そうすることにより、2だけの可変出力電圧だけを使用することができます。半時計回りにすると、出力電圧は小さくなります。これに電圧の下限と上限をつけて調整をしていきますが、更に下限値と上限値の幅を小さくすることで、多回転ボリュームを使わなくても、出力電圧を細かく調整することができます。これを電圧のスケーリングといいます。端子の数を増やすことで、このように電圧を調整したり、値の幅を細かく設定することが可能になります。この電流を自由に可変させるために、自作で機器を作成する方もいます。電圧に関する回路の計算は、公式がわかれば連立方程式で求めることができます。自作に挑戦したい方は、わかりやすいサイトを参考にしてみてください。自作で作る抵抗器は、むき出しになっていたり、耐久性に欠けるものがあります。そのため、周りを薄膜で金属製の皮膜でコーティングをするのですが、おすすめは高性能金属皮膜です。高性能金属皮膜は熱、圧力、腐食に対する耐久性に優れており、通常のコーティングと違い、質がいいです。ただ、個人で用意をするには少し手間とお金がかかるので、高性能金属皮膜を利用したい方は、専門の業者から購入するのをおすすめします。近年の抵抗機器専門の業者は、この金属皮膜の抵抗器を多く製造しており、種類も豊富です。

注目キーワード

抵抗器及びコンデンサの表示記号
日本工業規格「[]JIS C 5062[]」の標題。→ JIS C 5062
『関連情報:高性能金属皮膜 抵抗器