ONE STYLE

Home > 暮らし > ONE STYLE

フォトウェディング・結婚式の前撮りならONESTYLEへ


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

フォトウェディング・結婚式・結婚写真の前撮りならONESTYLEにおまかせ下さい。こだわりのあるフォトグラファーがあなたのブライダルシーンを撮影いたします。他には無い『自分らしさ』を大切にしたフォトグラファーが、お二人の魅力を引き出して撮影いたします。

規模やランクによる違いももちろんありますが、結婚式を挙げるとなればある程度はまとまった費用が必要になるので、経済的な理由から式を諦める人も多くなりました。それだけではなく、準備が面倒という人も多いのではないでしょうか。しかし、ウェディングドレスに憧れはありきてみたいという女性が大半であり、両親にも見せることが親孝行の一つだと感じている人も多いです。そのことから需要を高めているのが、フォトウェディングです。結婚式を挙げるよりもリーズナブルであり、手間なくより良い写真を残すことができるということから、近年人気となっており、結婚式を挙げない人はもちろん、過去に挙げた人も再びウェディングドレスを着たいという理由からフォトウェディングを行うこともあります。しかし一口にフォトウェディングといっても、年々その数は増えてあらら数多くのスタジオが対応しているので、よく比較してから選ぶべきであり、高ければ良い内容というわけでもないので気をつけましょう。衣裳代と撮影代基本料金となっているところが多く、撮影データやアルバムなどは別途オプションとして追加料金が必要となることが多いので、本当には必要となるトータル費用はいくらかをよく比較するようにしましょう。衣裳はドレスよりも和装の方が高めに設定されていることが多くなっています。撮影場所もスタジオとロケーション撮影では違いがあらは、より金銭面の負担を抑えたい場合には、和装ではなくドレスを選び、スタジオ撮影にしておくべきです。しかし記念になるからには、納得できるものになるようによく考え吟味しておくようにしましょう。悩んだ際には複数から見積もりを取るようにし、金額の違いを比較するのはもちろんなこと、カメラマンの腕の良し悪しも確認しておくべきです。カメラマンのセンスが自分とは合わないと感じると、納得できる仕上がりにはならないので十分気をつけるようにしましょう。

注目キーワード

写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。
写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
『関連情報:フォトウェディング