英美建設

Home > 住居・家屋 > 英美建設

鉄筋コンクリート住宅(RC住宅)なら東京・埼玉対応の英美建設


住宅の関連情報

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。生活範囲となる環境を含める場合もある。 ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される。また、自己が所有し居住する持ち家と、他人が所有する住宅を借りて居住する貸家(貸間)・賃貸住宅に分けることもできる。 その形には、社会の変化に応じて流行もあり、和風住宅、洋風、欧風住宅といった呼び名があり、また、高齢者の在宅ケアなどのための同居する人が増えるようになり、二世帯、三世帯住宅や、高齢者住宅、バリアフリー住宅といった呼称も出てきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

鉄筋コンクリート住宅のことなら東京・埼玉を中心に対応している英美建設にお任せください。当社は、コンクリート住宅[通称RC住宅]の建築を得意としておりますので、ご質問やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

コンクリート住宅の最大の魅力は、デザイン性と高級感です。高級ホテルをイメージさせるおしゃれな造りの多くは鉄筋コンクリート造です。中にはコンクリート打ちっぱなしの建物もあります。独創的なデザインは洗練さをアピールしてくれます。おしゃれなお家に住みたい人はコンクリート住宅の検討がおすすめです。コンクリート住宅を選択する際には、デメリットも把握しておく必要があります。一つは外気の温度変化に影響されやすい点です。熱伝道がよいので日中吸収した熱が夜になっても冷めにくく暑いという現象が出る場合があります。それを緩和させる方法として、断熱材を使用します。断熱材を使用することにより通常よりも壁が厚くなる場合があります。施工に関しては、木造建築に比べると割高になります。二つ目はカビが生じやすい点です。コンクリートは吸収性が高く表面から水分を吸収しますので、カビが生えやすい点が挙げられます。またそれに伴い汚れも付きやすいというデメリットもあります。三つめは木造建築に比べると施工の費用が割高な点です。その理由として木造建築よりも工期が長くなる点が考えられます。コンクリート住宅は、鉄筋の基礎組みから枠組み、その中にコンクリートを流し込んで固まるまで待つという工程を踏みます。基本的に雨の日はこのような作業が行えませんので、季節によっては工期が伸びてしまう場合もあります。デメリットはあるものの、メリットがそれを上回る点が挙げられます。メリットとして耐久性は抜群です。定期的なメンテナンスを行うことで100年以上耐久年数があると言われています。初期費用は高いものの、長く住み続けることでコスト的にはそれに見合うメリットが生まれます。また遮音性も高いです。プライベート空間を重要視する現代ですので、高い遮音性は大きなメリットです。また耐火性が高い点も住居の安全性としてメリットになります。総合的にみてデメリットを把握しても、それを上回るメリットがあることが理解出来ます。

注目キーワード

住宅
人の居住を用途とする建築物のこと。 別名:「住居」「マイホーム」 周囲の環境から住人の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。
中古住宅
使用した住宅
『関連情報:コンクリート住宅