JACSボートライセンススクール

Home > 学び > JACSボートライセンススクール

東京・千葉で船舶免許・ボート免許なら【JACSボートライセンススクール】


船の関連情報

船(ふね、舟、舩)とは、人や物をのせて水上を渡航(移動)する目的で作られた乗り物の総称である。 基本的には海、湖、川などの水上を移動する乗り物を指しているが、広い意味では水中を移動する潜水艇や潜水艦も含まれる。動力は人力・帆・原動機などにより得る。 大和言葉、つまりひらがなやカタカナの「ふね」「フネ」は広範囲のものを指しており、規模や用途の違いに応じて「船・舟・槽・艦」などの漢字が使い分けられている。よりかしこまった総称では船舶(せんぱく)あるいは船艇(せんてい)などとも呼ばれる(→#呼称参照)。 水上を移動するための乗り物には、ホバークラフトのようにエアクッションや表面効果を利用した船に近いものも存在する。また、水上機や飛行艇のように飛行機の機能と船の機能を組み合わせた乗り物も存在し、水上機のフロートや飛行艇の艇体は「浮舟」(うきぶね)と表現される。 なお、宇宙船や飛行船などの水上以外を航行する比較的大型の乗り物も「ふね」「船」「シップ」などと呼ばれる。これらについては宇宙船、飛行船などの各記事を参照のこと。また舟に形状が似ているもの、例えば刺身を盛る浅めの容器、セメントを混ぜるための容器(プラ舟)等々も、その形状から「舟」と呼ばれる。これらについても容器など、各記事を参照のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

船舶免許、特殊小型免許、ボート免許を東京もしくは千葉で取られたい方は当スクールにお任せ下さい。

特殊小型船舶操縦士免許は小型船舶免許の一つだとされていて、水上バイクの操縦において必要な免許です。水上バイクに乗ることを楽しんでいる人はいると考えられますが、これに乗るためにはかような免許を取得することが大切だと思われます。従って、水上バイクに乗ってみたいと考えているのであれば、かような免許を取りに行くようにします。かような免許を取得したからといって、操縦できる距離に制限はないのかといえばそうではないです。操縦できる距離は定められていて、海岸などから2海里迄だとされています。免許を取得して水上バイクの操縦ができるようになった場合でも、決まりを遵守した上で乗るよう心掛けます。かような免許だけではなく、一級小型船舶操縦士のものなども存在しています。この小型船舶免許を取得した場合はあらゆる海域を操縦することができるようになるとされています。ただし、二十トン以上の総トン数の船舶においては、操縦することができないので注意が必要だと考えられます。また、ジェットスキーは水上バイクに含まれていますが、この小型船舶免許を取得してもジェットスキーの操縦は不可能です。さて、特殊小型船舶操縦士免許を取る方法ですが、スクールに通うという方法と教習所で取るという方法が挙げられます。教習所で取るという方法であれば、修了試験に受かることで国家試験の免除がなされるようになります。また教習所で取る場合においては、実技と学科の両方の講習を定められた時間以上受けることが必要です。スクールに通う場合は、スクールごとに料金などの違いがあるので自分にとってぴったりなところを選ぶことが重要だと考えられます。国家試験を受けたくないと思っているのであれば、教習所を利用するのがおすすめだと思われます。なお、免許の取得において、年齢制限が設けられていて、十五歳九ヶ月以上となっています。従って、自分の年齢が十五歳九ヶ月以上であるかどうかを確認することも大切なのではないかと思われます。

注目キーワード

船橋
東京都世田谷区船橋1〜7丁目のこと。 西側には、環状8号線(通称:環八)が走っている。 最寄駅は、大半が小田急小田原線の千歳船橋駅だが、北側(6・7丁目)は、京王線の八幡山駅になる場合もある。
船橋市
*概要 千葉県の北西部に位置する市。県内では千葉市に次いで人口第2位である。 1937年4月1日に船橋町、葛飾町、八栄村、法典村、塚田村の2町3村が合併して船橋市が制定され市制施行。2003年に中核市に指定。 *面積...
『関連情報:小型船舶免許