Lapinus

Home > 仕事 > Lapinus

浦和のフォトスタジオ「ラピナス」|七五三・赤ちゃん・子供・マタニティの写真撮影


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

Lapinus(ラピナス)は、さいたま市浦和区にある家族・子供専用のフォトスタジオです。七五三・マタニティ・入学何でも撮影お任せください。浦和駅から徒歩5分でアクセスも抜群。大人も子どももわくわく出来る空間をご用意してお待ちしております。

埼玉に神社があるのは言うまでもないと思われますが、七五三をする際にどこで行うべきかに関して悩んでいる人もいるのではないかと考えられます。神社を選択する場合におけるポイントですが、体力面においても無理のないようにするのが無難であり、埼玉の場合も同様だと思われます。というのは、七五三は付近にある神社で行うのが基本的だとされていて、またその神社であれば負担があまりかからなくて済むと言えます。ただ、大変混雑する場合があるので、しっかりと前もって予定を組むようにします。子どもが疲れてしまうことを考えて、帰りのために靴を用意しておくのも良いと思われます。ところで、子どもの成長を祝うのが七五三ですが、かつて乳幼児が亡くなる確率が高かったとされていました。七歳まで生きることができる子どもが少なかったので、何事もなくその年齢になれば神に対してお礼をするということで始まったと言われています。さて、予約ですが、神社の多くはそれを受けているとされていることから、可能な限りあらかじめ行うのが得策だと思われます。予約の方法においては、ホームページで行うなどの方法が存在していますが、その際に初穂料のチェックを忘れずに行うようにします。マナーは気になることだと思われますが、鳥居をくぐる際はあらかじめ服装が乱れていないかをチェックします。参道の中央部分は神のエネルギーが通る道だとされているので、端っこを歩きます。取水舎というものがありますが、参拝する前にそこで口や手を清めるようにします。神殿で参拝する場合は左右いずれかにずれ、強めに鈴を鳴らすようにしておきます。賽銭箱にお金を入れる際はそっと置くような感じで入れておき、お金を入れたら二礼二拍手一礼を行います。参拝が終了して家に帰る際は、鳥居の前で本殿に対してお辞儀をした上でそれをくぐるようにします。初穂料の持参など注意点は色々ありますが、埼玉で七五三のために神社へ行く場合は以上のような点を理解するのが重要だと思われます。

注目キーワード

写真整理
写真を時系列またはカテゴリー別で整理すること
写真集
写真によって主要な内容が構成されている書籍のこと。 一般に英訳の際は、Photo Book と記載されることが多い。
『関連情報:七五三 埼玉