アクイル

Home > 仕事 > アクイル

ISO14001内部監査員研修の株式会社アクイル


プライバシーマークの関連情報

プライバシーマークとは、一定の要件を満たした事業者などの団体(医療法人など)に対し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会 (JIPDEC) が使用を許諾する登録商標である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ISO内部監査の研修ならアクイルへ 業界屈指の低価格!! 1名16,000円!取得コンサルティングも実施中

ISO14001内部監査とはISO14001にしっかりと適合している状態であるのか、ということを確認することです。内部監査ですから、別に外部からやるわけではなく、内部からの監査ということになります。このISO14001内部監査ですがどうして行うのか、ということですが、エビデンスの管理とか社員に環境アセスメントが定着しているかどうかなどのチェックはまず一定の期間でしっかりと行うことが重要であるからです。一度取得したとしてもどうしてもそれが守られなくなってしまう、ということがあったりするわけです。加えて監査の対象が環境マネジメントシステムの目的に準じて有効に動いているのか、役立っているか、ということの評価にも役に立つことがあります。単純にISO14001内部監査によって規定が守れているかをチェックするわけではなく、そこから新しいことを生み出せることもあります。つまりは、新しい取り組みができないか、改善点はないのか、ということもあります。ISO14001は環境に関する規定になります。ですから、どのくらい環境負荷に関して改善点があるのか、ということをチェックするわけですがそれは具体的に経営に関してのプラスとなるような環境改善も会ったりします。それを狙って探す、ということも大事になってくることでしょう。さて監査自体ですが、準備段階では、まず内部監査の研修を行うことになります。そして、監査員の能力を高める事になります。これによって監査員を確保することができるようになりますと品質管理責任者が監査の年間計画を作成することができるようになります。そして、監査予定日とか監査員を振り分けて行くことができるようになりますから、非常に効率的にできるようになるでしょう。内部監査というのは監査計画によって行われていくわけですが、そのときにしっかりと監査員を育てるということも考えておくことが重要になります。

注目キーワード

プライバシーマーク
社団法人情報サービス産業協会(JISA)と財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)の指定機関契約に基づいて、適切な個人情報の取り扱い保護措置を講じていると認められた企業に認定付与されるもの。1998年10月に定め...
『関連情報:ISO14001内部監査