晃陽学園高等学校

Home > 学び > 晃陽学園高等学校

東京・吉祥寺の通信制高校【晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センター】


高等学校の関連情報

高等学校(こうとうがっこう)は、日本における後期中等教育段階の学校。略して高校(こうこう)と呼ばれている。その名称から誤解されることもあるが、高等教育(ISCEDレベル5)を行う学校ではなく、後期中等教育段階(ISCEDレベル3)に相当する学校である。 1948年に発足した新制の高等学校は旧制の中学校、高等女学校、実業学校を改組再編したものである。高等学校は中学校の教育を基礎とし、中学校の課程を修了した生徒に高度な普通教育および専門教育を施すことを目的とする。主に市民としての総合的な基礎教養、大学・専門学校など高等教育機関への進学準備、また就職に向けての技術・技能の習得の教育を行う。 新制の高等学校は小学区制・総合制・男女共学を原則としたものの前二者は実施には至らなかった。1990年代以降は中高一貫制の導入、単位制の実施、総合課程の導入など教育の多様化・柔軟化がみられる。 日本の高等学校の制度上の正式な英語表記はUpper Secondary Schoolである。一般には米国式のhigh schoolとの訳や、Senior high schoolとの訳(中学校のJunior high Schoolに対応した訳)もみられる。 なお、日本において学制改革後の1950年(昭和25年)まで存在した高等学校については、旧制高等学校を参照。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京・武蔵野市、吉祥寺駅徒歩2分の通信制高校、晃陽学園高等学校 東京・吉祥寺学習センターです。アットホームな環境の中で先生とやりとりしながら、マイペースで高校卒業めざして学習できます。

東京の通信制高校は、在学中に専門的な資格を取得できるところや、大学受験の対策ができるところがたくさんあり、様々な進路を考えている若者の間で注目が集まっています。高校によっては、自宅に居ながらインターネットやテキストなどを使って無理なく学習できるシステムが導入されているところもあり、昼間に仕事をしている人も自分のペースで各教科のポイントを押さえることが可能です。多くの卒業生を輩出している通信制高校の取り組みについては、進学情報誌をはじめとした様々な媒体で紹介されることがあるため、余裕を持ってそれぞれの高校の特色を理解すると良いでしょう。一般的に、パソコンや簿記、語学などの授業に定評がある東京の通信制高校は、多くの入学希望者が集まる傾向が見られるため、早いうちから書類選考や面接などの準備を始めることが肝心です。もしも、通信制高校での学習方法について分からないことがあれば、入学希望者や保護者を対象に開催されているオープンキャンパスや入学説明会などのチャンスを利用することが大切です。数ある東京の通信制高校の中でも、入学金や授業料などの負担が軽いところは、正社員やアルバイトと両立したい人にとっても、理想的な入学先として位置づけられるようになっています。東京の通信制高校のメリットとデメリットについては、実際に入学をしないと判断できないこともありますが、少しでも目的に合う入学先を選ぶうえで、体験授業に申込をするのもおすすめです。なお、入学をした後に限られた期間内に効率良く卒業に必要な単位を取得するには、なるべく自分にとって興味があるコースを選択するのはもちろんのこと、一人ひとりの生徒への学習サポートがしっかりとしている高校を見つけることが肝心です。その他、東京の通信制高校を卒業して優良企業に就職したり、難関大学に進学したりしたい人は、進路指導の経験が豊富な教員が揃っている高校を探してみましょう。
『関連情報:通信制高校 東京