株式会社ワンライフ

Home > 仕事 > 株式会社ワンライフ

前撮り・結婚写真から七五三、家族写真まで。人生に寄り添う写真館ONELIFE


写真の関連情報

写真(しゃしん、古くは寫眞)とは、 狭義には、穴やレンズを通して対象を結像させ、物体で反射した光および物体が発した光を感光剤に焼き付けたのち、現像処理をして可視化したもの。このとき、感光剤に焼き付けるまでを行う機器は、基本的にカメラと呼ばれる。 広義には、電磁波、粒子線などによって成立する、弁別可能で存続性の高い像。英語の"photograph"という語は、イギリスの天文学者ジョン・ハーシェルが創案した。photo-は「光の」、-graphは「かく(書く、描く)もの」「かかれたもの」という意味で、日本語で「光画」とも訳される。"photograph"から、略して"フォト"と呼ぶこともある。 日本語の「写真」という言葉は、中国語の「真を写したもの」からである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

前撮り・結婚写真から七五三・家族写真、そして老後まで。みんなで写真を囲んで笑い合い「あの時のその瞬間」を思い出して欲しい。 そんな願いを持って、私たちはお客さま一人ひとりに寄り添って歩む街の写真屋さんであり続けます。

結婚式当日というものは、想像する以上に慌ただしいのが実情です。そのため、ゆっくり写真撮影をする時間を確保するのが難しくなります。専門のカメラマンに依頼することも可能ですが、相当なコストを要することになります。また、どのような写真を撮って欲しいかいちいち告げるのは難しい面があります。イメージ通りのウェディング写真を残したいのなら、前撮りをするのが選択肢となります。結婚式の前に撮影することで、撮影した写真やデータを式当日に活用できるメリットもあります。ウェルカムボードや披露宴の演出などに使えるわけです。プロフィールムービーに使えば、場が盛り上がること間違いなしです。前撮りであれば、衣装を思う存分に選ぶことが可能となります。紅葉シーズンであれば、和装で前撮りするのがおすすめです。夏場であれば、清潔感のあるお洒落な私服も良いと言えます。さらに、前撮りでは結婚式ではチャレンジしづらい、大胆なドレスも着られます。二人だけの世界観を残せたりするので、一生の想い出フォトを撮れるのも魅力です。そもそも結婚式当日は何かと忙しいもので、家族との記念撮影の時間も十分にとれないものです。一方、事前撮影であれば、家族一人ひとりとの記念ショットを残すことが可能です。時間にも余裕があるので、良い表情で撮影できるのもメリットです。特にペットとの撮影は、結婚式当日には難しい面があります。大事な家族であるペットとの写真も、前撮りなら可能です。前撮りの大きなメリットが、撮影場所を自由に選べることです。二人の想い出の場所での撮影も可能なので、一生ものの写真が残せます。それらを結婚式の演出に使えば、参列者は一層二人に対して興味が湧くわけです。前撮りをする時期に関しては、一般的に挙式の2ヵ月前くらいとされます。勿論、挙式前ならいつでも撮影できますが、ウェルカムボードやプロフィールムービーでの使用を考えれば、余裕を持って撮影するのが望ましいと言えます。また、挙式までの日数に関わらず、ロケーション撮影の場合は、自然や気候の良い時期を選ぶのが良いわけです。
『関連情報:前撮り